新米小坊主の小話 『実践』=『行動する』ことの大切さ

こんにちは。広島の作業療法士の川本健太郎です。

今日は、高野山真言宗 僧侶の川本祐道(ゆうどう)として、仏教に関するちょっとした小話(こばなし)をします。

サクッと読めるように心がけていますので、お気軽に読んでみてください 

(*´▽`)ノノ

 

『三教指帰(さんごうしいき)』に込められた考え方


 

世界最古の小説と言えば・・・・

 

源氏物語(げんじものがたり)

 

と答える人が多いと思います。

私もそう思っていました。

(´ε`;)

でも実は、弘法大師(お大師さま)が書かれた

 

『三教指帰(さんごうしいき)』

 

が最も古い心理小説であると言われています。

Σ(゚д゚;)

また、『三教指帰』は哲学の書物でもあります。

三教とは

 

儒教(じゅきょう)

道教(どうきょう)

仏教(ぶっきょう)

 

のことを指していて、『三教指帰』では

 

仏教こそ人の苦しみを癒すことができる

 

と書かれています。

 

だからといって、儒教や道教が不要といっているわけではありません。

お大師さまは、密教を学ぶ時に、儒教も道教もしっかり学ぶよう言われています。

 

さらに、儒教や道教や仏教を知識として知っておくだけでなく、その考え方をもとにしながら

 

『実践』つまり『行動する』

 

ことの大切さも言われています。

仕事をすること、ボランティアをすること、家族のために家事をすること、人のために何か行動すること、それら全てが実践につながることです。

 

一つの考え方に片寄って、頭でっかちになっている時に、お大師さまの教えに

( °o°)ハッ!

と気づかされることがあります。

自分の道を進みながらも、いろいろな考え方を吸収して、それを実践につなげていきたいですね。

 

 

<お大師さまゆかりの地>

 

高野山 霊宝館(れいほうかん)

<写真引用:Wikipedia

 

所在地:〒648-0211 和歌山県伊都郡高野町高野山306

電話: 0736-56-2029(代)

交通アクセス:高野山霊宝館ホームページ

 

 

皆さんの貴重なご意見・ご感想、大変参考になりますので、お気軽にコメントなどいただけると嬉しいです。

↓ ↓ ↓

お問い合わせ

また、ブログランキングにも参加していますので、このブログがお役に立てたと思っていただけるようでしたら、

   ブログランキング・にほんブログ村へ

で応援をしていただけると大変ありがたいです。

 

最後までブログを読んでくださり、ありがとうございます!

 

 

 

この記事を共有する

関連記事

2 件のコメント “新米小坊主の小話 『実践』=『行動する』ことの大切さ

  1. おはようございます。先程、読ませていただきました。朝イチから活力をもらいまして有り難うございます。

    1. やまおさん
      おはようございます♪いつもコメントをいただき、ありがとうございます
      お大師さまは、数々の偉業を成し遂げられていますが、それ以上に、私たちが生きる上での大切な心がけを分かりやすく、柔らかい言葉で語りかけてくださいます。
      密教の修行は厳しいものが多いのですが、厳しさから生まれた実践を伴う言葉は、いつの時代も私たちの心を揺り動かすのだろうと思います。
      またお気軽にコメントをいただけますとありがたいです(*^^*)

健太郎 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です